イベントレポート

2019/1/17 BEYOND MILLENNIALS

 代表理事の玄正慎が、1月17日にビジネスニュースサイト「BUSINESS INSIDER JAPAN」(運営:株式会社メディアジーン) が主催する、ミレニアル世代の際立った才能や取り組みを表彰する新たなアワード「BEYOND MILLENNIALS」において、「Game Changer 2019」に選出された44名の起業家+2組織の中で、Social部門のグランプリを受賞しました!

 

Social部門グランプリ受賞は認定NPO法人Homedoor 理事 川口加奈さんとの同時受賞で、選考委員で一般社団法人リディラバ代表理事の安部敏樹さんよりトロフィーを授与しました。

 

玄正「この度は素晴らしい賞をいただきまして大変嬉しいです。ありがとうございます。
私たちが取り組んでいるのは心臓突然死の社会課題解決です。日本ではなんと毎日200人が突然心臓が止まり亡くなっています。すぐに心臓マッサージ(CPR)と、AEDを使わなくてはならないのですが、なかなかそれができない。そこで私たちはそれをスマートフォンで解決したいと考えていまして、位置情報を使い周りの救命知識のある方に一斉連絡できるアプリ「Coaido119」を公開しています。これによってすぐに対処できる体制をつくることをやっているのですが、このアプリをこれからはIoTにつなげていこうと思っています。
どういうIoTかと言いますと、毎日身につけるウェアラブルデバイスであったり、家の中の見守りセンサー、ビルの監視カメラ、こういったもので突然人が倒れたことをすぐに発見して、助けられる人につなぐ、こういった世界を実現していきたいと思っています。そしてこれは今は無料アプリですが、必ずビジネス的にも大きくなっていくと考えておりまして、現在資金調達をしておりますので、投資家の方をご紹介いただけましたら嬉しいです。
それともう一つ私たちは一般社団法人ファストエイドもやっておりまして、そこでやっているのは啓発・教育なのですが、このCPRトレーニングボトルというものです。これは何かというと、ペットボトルを使った心肺蘇生訓練を世界初でキット化しまして、ペットボトルをこのシートの中央に置くと訓練用の人形の代わりになるというものです。これによって、最も手軽に、誰でも心臓マッサージが簡単に覚えられる、というものを作りました。
このシートを昨年10月にプレスリリースを出しまして、買いたいという声が非常にたくさん来ておりまして、今後販売をしていきたいと思っております。ただ、やはり先ほど安部さんがおっしゃったようにヒト、モノ、カネが全然足りていないですので、ぜひこれからもご支援をお願いいたします。ありがとうございました。」